2010年05月03日

5月2日夕方・都内病院にて(抜粋)

Q「まず今の怪我の状況は」
山口「右上腕スパイラル骨折(笑)です。来週木曜日に手術する予定です」
takenoko1.jpg
Q「リングに上がってどう感じましたか」
山口「リングに上がって頭が真っ白になった。とくにサングラスレフェリーはリングに上がるまで知らされていなかった。あいつ(黒の中村カントク)は、その場その場の感性で物事を変えてくるから・・協力者なのかデストロイヤーなのか分からない(笑)」

Q「復帰したらリベンジしますか?」
山口「二度と試合関連でリングには上がりません(きっぱり)」

Q「どこで怪我(骨)したんですか?」
山口「試合の途中で亘がKOされている時に、気がついたらリングに入っていました。目の前に大きな男が3人。怖いというより、亘に申し訳なかったし。あと・・」

Q「あと?」
山口「今後自分で突破しなければいけない物事への気持ちが、でかい3人を前にした時リアルにオーバーラップしたのかも知れません。素人という事を完全に忘れ・・結果は無残、自ら向かって行って、自分が胸を殴った時にグキッと音がしました(笑)。レスラーは皮膚も堅いということを初めてしりました。」

Q「全治3ヶ月と診断されましたが」
山口「来週手術が終わったら、事務仕事に戻ります。もう休んでいる暇はありません、亘と同じで前と上しか見ません」

Q「SMASH酒井さんも来場して、その後twitterで心配してましたよ(笑)」
山口「直接の連絡はありませんよ(笑)。twitterを見てる状況じゃないですしね。twitterで公開お見舞いなんてね(笑)。さすが酒井さん流のビジネス展開ですね。尊敬します。」

Q「5月30日に次回大会が迫っていますね(笑)」
山口「もちろん、全身全霊でハッスルしますよ。ハッスルが再浮上するためには、俺の腕の1本や2本くれてやる!という心境です。」

Q「次回大会もFOSの協力が得られているんですか?」
山口「大谷社長は協力して頂ける予定ですが、あいつ(中村)だけは・・外す!でも実際は退院してから話します。中村も今日、整形外科に来ていたらしいですから(笑)。ヘルニアが悪化したとか(笑)。ざまあみろ!って感じです。」

Q「面会時間も限られてきました、最後に何かファンの方々へ」
山口「無様な格好ですみませんでした。素人はリングに上がってはいけないということも身をもって経験しました。プロレスラーは本当に強い。それを再認識しました。今後もハッスルの道を追求して頂上を目指します。心配して頂き、多くのメールを頂きました。まだ全ての方々に返信できていませんが、必ず返信しますので。今、左手しか使えないのでPCも使えないんです、すみません。今後ともハッスル共々、坂田ハッスル亘をよろしくお願いいたします」

5月2日 都内病院にて。
posted by F.O.S STAFF at 01:22 | 日記
spacer.gif