2010年05月25日

5月30日(日)正午 後楽園ホール大会見所

<決定対戦カード・チェックポイント>

★「狂った果実」タッグマッチ
坂田“ハッスル”亘&中村カントク   VS 
   ジョー・メガロドン&タイタン・レックス

【チェックポイント】
「今回は俺たちがイベントを仕切る」と明言した坂田が、当初提示したカードは「坂田“ハッスル”亘vs黒の中村カントク」の逆制裁マッチ。前回4・30のイベントを仕切った“黒の中村カントク”は、巧妙にHE代表・山口日昇までをもリング上に誘い出したうえ、右腕をスパイラル骨折にまで追い込み、坂田もリング上で大の字にするなど、赤っ恥を掻かせた。
今回は坂田が“黒の中村カントク”を引っ張り出し逆制裁を加えるはずだったが、すぐさま“黒の中村カントク”は謝罪。ハッスルを罰するという意味合いの「罰ッスル軍(Bustle軍)」の解散まであっさり決定。
「元々、私は“中村カントク”=“ハッスル軍のカントク”であり、本来は坂田選手をサポートする立場であることを思い出しました。前回大会での常軌を逸した行動は、HE山口代表に対し気を遣いすぎたための過労からきたノイローゼに違いありません。現在、心も身体も正常に戻りました。対戦カード等、すべて坂田選手の指示に従います」と、“黒の中村カントク”から、“中村カントク”に戻り、坂田とイベントをサポートしていくことを宣言した。
坂田はそれを信用したのかしないのか、逆手に取ったのか取っていないのか、わからないままこのカードが決定した。
本当に黒カントクは正常な“中村カントク”に戻ったのか? それとも、またもや手の込んだ罠・謀略なのか? 坂田がこのカードを決定した意図はいったい何なのか?謎が謎を呼ぶ一戦となった。
しかし、その謎を差し置いても、前回、強靭な肉体と素晴らしい動きを披露したメガロドン、そしてそのパートナーの現代のT−REXこと、タイタン・レックス(2m17cm、160kg)は坂田にとって強敵中の強敵だ。またしても最後は坂田が大の字になってしまうのか? それともハッスルMANたちの祝祭を自らの勝利で締めることができるのか、否が応もなく注目せざるをえない一戦だ。


★「THE HISTORY of RING」
藤原喜明(組長)&臼田勝美(BML)  VS
      FUNAKI(元WWEスーパースター)&日高郁人

【チェックポイント】4人中3人が藤原組、そして4人中3人が藤原組から枝分かれしたバトラーツに所属していたという組み合わせ。藤原組長はU系の大先輩、臼田・日高はかつてしのぎを削った仲、そしてFUNAKIはアニマル浜口ジムの先輩と、坂田“ハッスル”亘とは縁のある4人が揃った。師弟タッグ同士の対決、古(いにしえ)のU系対決と言えなくもないが、それだけではない。ガンを克服し、還暦を過ぎてもファイトし続ける組長。世界への門戸を自ら開きWWEスーパースターとなって凱旋したFUNAKI。ZERO1でベテランの域に達しても、いまだ活きのいいファイトを続ける日高。BMLの門番として活躍する臼田。それぞれがそれぞれのリング人生で、どうハッスルしてきたのかが伺える一戦となるだろう。リングが歴史を創り、歴史がリングを創る。そしてこの一戦を機に、また新たな歴史が生まれるはずだ。プロレスファン垂涎の一戦です。


★「℃の春 〜言語道断〜」
長州 力&大谷晋二郎&越中詩郎    VS 
℃軍団(アイアム℃&アーモン℃&ジャイアン℃)

【チェックポイント】 まさに言語道断な異次元対決!この日がエイプリルフールかと思うほどのカードが実現! あの℃と、あの長州力(本物)が対峙する! 長州の前で℃は℃でいられるのか? ℃の前で長州は長州でいられるのか? 非常に興味深い絵がリング上で展開されることになる。また、日本を代表するハッスルMAN大谷&越中もその存在を見せつけにくるだろうし、前回増殖したジャイアン℃、アーモン℃も今回は本領発揮を狙ってくるはず。バカ騒ぎしながらも、ハッスルならではの緊張感あるカードをぜひ、お楽シーーーーみください。

★「フレッシュMAN`Sカーニバル」タッグマッチ
 (坂田“ハッスル”亘推薦選手 vs 田村潔司推薦選手)
柿沼謙太(ZERO1)&佐藤悠己(フリー) VS
大久保一樹&柴田正人(U-FILE CAMP)

【チェックポイント】ここでも異次元対決が実現。片や坂田“ハッスル”亘が推薦するフレッシュMAN2人。柿沼は去る5・5ZERO1後楽園大会で、実際に坂田とぶつかり、坂田が目をかけた、いま一番勢いのある若手。佐藤は、坂田が以前「ハッスルしたいやつは集まれ」と招集をかけた際に自ら志願してきたフレッシュハッスラー。
片や坂田のリングス時代の兄貴分、そして公私ともに付き合いのある田村潔司推薦のフレッシュMAN2人。ベテランといってもいい大久保選手がなぜ「フレッシMAN`Sカーニバル」というタイトルの試合に推薦されたかは謎だが、U-FILEきっての実力者2人の登場に、これまでのハッスルにはなかった風景が現出されそうだ。
 柿沼は若手らしいまっすぐなファイト、佐藤は飛び技、U-FILE勢は当然、打・投・極。スタイル的にも異質なぶつかり合いは、勝敗はもちろん、それぞれがそれぞれの表現でハッスルぶりをアピールする真剣な舞台ともなる。フレッシュなハッスルMANたちの闘いは、単なる祭りでは終わらないかもしれない。
  

※尚、選手の負傷等により、対戦カードは変更になる場合がございます。何卒ご了承ください。

< チケット絶賛発売中!! >
S席 ¥5000
A席 ¥3000
B席 ¥2000 
posted by F.O.S STAFF at 06:18 | 日記
spacer.gif