2011年06月29日

2011062722590000.jpg三田佐代子さん。

『自由なアスキー』


優しさのなかに強さを持った、間違いなく、プロレス業界一番の物知り美人アナ。


『事務所が古舘プロだからプロレスの事、知ってそう』ていう理由でサムライさんからオファーを受けたのは有名な話し。


その人、確実に三田さんの人生変えましたね。
posted by F.O.S STAFF at 03:00 | 日記

2011年06月26日

2011062610590000.jpgオッキー沖田です!


今日は、福島・郡山でのチャリティープロレス 。


道中、栃木名物『レモン牛乳』に、イチゴの兄弟が出ていてビックリ!


興味津々の柿沼選手、お味は・・







「普通の『イチゴ・オレ』です!」(柿沼)
posted by F.O.S STAFF at 13:18 | 日記

2011年06月24日

2011062320530000.jpgオッキー沖田です!

なんだかんだと、ウチを通っていったレスラーには愛着がある。

現在、新日本に上がっているブライアン・ケンドリックこと、レオナルド・スパンキー。

試合を見ていたら、三田佐代子さんが、「どうですか?」と、近づいて来てくれた。

三田さんにはそういう優しさがある。

スパンキー、俺も頑張るよ!
posted by F.O.S STAFF at 09:55 | 日記

2011年03月23日

2011032317190000.jpg爆睡シューター!
posted by F.O.S STAFF at 19:24 | 日記

2011年03月16日

2011031607220000.jpg地震津波災害における義援物資募集のお知らせ

プロレスリングZERO1では<地震津波災害>を受けている方々への義援物資を募集させて頂きます。

集めさせていただいた物資は、選手が直接受け取らせていただき、災害を受けられている方々の元へ可能な限り早く直接届けさせて頂きます。

今回は、運搬燃料等会社で話し合った結果、頂きました物資は福島県へ届けさせて頂きます。

◆義援物資受付日時:3月17日(木) 午後6時〜9時

◆受付場所:ZERO1道場(東京都港区海岸1-14-24-2F)
電話番号:03-5777-5361

<希望義援物資>
・お米(可能であれば無洗米)
・缶詰
・衣類
・タオル(可能であれば大きめのタオル)
・女性用生理用品
・単1電池
・ホッカイロ
・トイレットペパー&ティッシュ
・マスク

皆様も個々にボランティア活動はされておられると思いますが、提供していただける方は御足労おかけしますが是非待ちしております。

ご協力頂ける物資は確実に責任を持って、現地に届けさせていただきます。

取締役社長 大谷晋二郎
プロレスリングZERO1選手会

何度もスイマセン。
現在、交通規制や、集団停電、原発問題など、多数の壁はございます。

「親切心の逆効果」

にならないよう、現地公共機関の皆様と、連絡を取り合いながらの作業となります為、到着期日は正直、お伝えできません。

が、可能な限り早く直接必ず届けさせて頂きます。

ご協力、宜しくお願い申し上げます!!
posted by F.O.S STAFF at 07:42 | 日記

2011年02月14日

2011021411460000.jpg今年は…






もらえました!


しかも、
「曙ファミリー」さんより!


ありがとうございます!!
posted by F.O.S STAFF at 11:48 | 日記

2011年01月31日

2011012423110000.jpg僕らのような営業マンは、車でよくラジオを聞く。

それは、営業マンと行動をよく共にする、大谷社長も一緒!

それぞれがそれぞれに好きな局がある。

僕は千葉出身もあり、bayfm。

ちなみに、bayで来週あたりから、両国のCMが流れます!

DJの島村幸男さんは、ZEROファンなら、お馴染み、後楽園での対戦カードの声の人。

斉藤りささんは、僕の「好きなタレント(週プロ選手名鑑)」で、ずっと名前を書かせてもらっている。

笹崎さんは、東京都出身だけにTOKYOFM

なぜか、社長は


「NACK5(埼玉FM)」

なんでも、素敵な声の女性DJさんがいるとか。

「顔見たことないんだけど、癒されるんだよね〜。多分、そうとう美人!」(大谷)

この感覚は覆面レスラーの正体を想像する面白さに似ています!

その正体が急に現れた時の衝撃!

先日、お客様と会合中に、店員さんが一言「大谷さん、こちらニッポン放送の垣花さん!」

そこには、ニッポン放送の朝の声、そして「和田アキ子のいい加減にせんかい!」でお馴染み、垣花正さんがいらっしゃいました!

AMをめったに効かない社長は普通にご挨拶。

笹崎さんと、僕は異常に興奮していました!


垣花さん、素晴らしい人でした!
posted by F.O.S STAFF at 07:53 | 日記

2011年01月20日

2011011219490000.jpg早生まれの弾丸戦士は学年では一つ上も、48年生まれの同い年。

メールの返信は、トレーニング中以外、3分以内で帰ってきます!

リング上とは真逆の腰の低さ。『実る程、頭を垂れる〜』とは、まさにこの人の事。

待ち合わせの1時間前到着は当たり前、10年お付き合いして、バスに乗り遅れは、1回のみ!

「お前!9時から練習ゆうたら、8時30にはこいや!」と、若手が怒られていました!

まさに模範的な健全青年。
ムッキムキな『カッコいいカラダ』も、全ては日常の節制から。



しかし!事件発生!!

事務所にある、@ウエザイルの『うまい棒』を見つけ、「アカン、めっちゃ喰いたい!でもこんな時間(23時)!しかも、カラダに悪そ!でもめっちゃ旨そう!どうしよ!」


かれこれ、5分は葛藤。

最後は「えぇい!喰っちゃえ!」

と、大量の『うまい棒』の中から5本をチョイス!

お茶目な弾丸戦士でした!

追伸、この後、『うまい棒』5本のカロリーを消費するために、2時間ランニングしてました!

スゴッ!
posted by F.O.S STAFF at 07:00 | 日記

2011年01月18日

2011011201160000.jpg「もう、やるしかないですよ!もう、今日はね。見てください。それだけです!」(坂口)

「出る前に負ける事考えるバカいるかよ!」(猪木)

「潰すよ今日はオラ!見とけコラ!」(蝶野)

「時が来た!それだけだ!」(橋本)

東京ドームで行われた、猪木、坂口vs橋本、蝶野の言わずと知れた試合前の控え室インタビューシーン。

YouTubeで見た懐かしい映像が、今、卒業テストを頑張っている大地に被った!

「間違いなく、追試です!」(大地)と、言い切る大地に

「やる前から〜」と言うと…

「沖田さん、今の言葉、カッコ良いです!何かのドラマの言葉スカ!」(大地)


……年の差を感じました!
大地、とにかく、頑張れ!


追伸、写真は大地が作った、世界一大雑把なちゃんこ。

大地、次からはニンジンの皮、むこうな!
posted by F.O.S STAFF at 09:49 | 日記

2011年01月13日

破壊王子、出番寸前の図。 
この後、机に埋もれてました!
posted by F.O.S STAFF at 02:21 | 日記

2011年01月12日

2011011120590001.jpgいよいよ本日!

橋本大地デビュー戦のカードが発表になります!


はたして、シングルなのか、タッグなのか、そして、大注目の相手は誰なのか!


14時・情報解禁です! このサイトでも発表します!

絶対に、お見逃しなく!
posted by F.O.S STAFF at 00:54 | 日記

2011年01月10日

2011011011150000.jpg「お天道様に顔向けできない事をするな!」

正々堂々と、前だけ向いていく自分になる。

そう、思えるほど、快晴な朝日!
posted by F.O.S STAFF at 12:13 | 日記

2011年01月08日

2011010314050000.jpg正月3日は毎年恒例のライズホーム新年会。


崔選手が初参加には驚いたが、毎年若い選手が中心にご馳走を戴く。


新年の挨拶なんて、ほんの2秒。


着いたら、すぐにあれ喰え、これ喰えのオンパレード!


新鮮刺身や森山社長の故郷・青森のホタテやエビがこれでもか!と、でてくる。

極めつけは金箔入りの日本酒。


本当によくしていただいている。


ご存知な方も多いと思いますが、コーナーマットでお馴染みの「ライズホーム」森山社長は僕の幼なじみ。

小さい時から大将株で、僕がメンコをカツアゲされた時、体を張って取り返してきてくれた。


小学校の体育館では、セフティマットでプロレスごっこをし、見事な延髄斬りでノックアウトされた。


思い出はつきませんが、今を生きる現在にあって、まだまだお付き合いしていただけているのは、なによりの「誇り」。


僕の誇りのZERO1若手陣が、森山家の子供と触れあっているのを見て、本当にそう思った。



モリ、いつも本当にありがとう!
posted by F.O.S STAFF at 12:38 | 日記

2011年01月05日

昨日(4日)は、橋本大地をつれて東京ドームへ挨拶へ。

育成ブログでお馴染みの蝶野選手から、「デビューが決まったんだから、挨拶しておいで!」とのご指示でした。

「昔は騒ぎ走り回っていた・・」(大地)

少し緊張気味の大地。

菅林社長、中西学選手、永田選手、中邑選手、棚橋選手、小島選手・・・と、ほぼ全員の選手、スタッフにご挨拶。

しかし、中々お会いできなかったのが、金本浩二選手と獣神ライガー選手。

やっとの思いでお会いできたライガー選手は、その瞬間・・

「おぉ〜〜〜!元気してたか! どれどれ、触らせてみろよ!」
と、体中を確認。

「今、何キロ?」(ライガー)

「80kgです」(大地)

「ん〜〜、もうちょいだな!あと5kg筋肉で増やせ!喰って、喰って、喰いまくれ!!」

「気負う事ないから、お前が、そのときできる、一生懸命をすればいいから!」

「大丈夫だ。お父さん、絶対、上から見てるから。」


うっすらとライガー選手の眼が潤み。
「なんか泣けてくるな・・・(涙)」


衝撃でした。

ガッチリと大地と握手。大地もウルウル。

最後には僕とも握手して頂き、「大地を宜しくおねがいします!」
と、力強くお声かけ頂きました。


試合前ともあり、皆さんお忙しい中で、「頑張れよ!」と、頂きました。


「ライガーさんと、大谷さん、同じ事言ってました。
僕の一生懸命を見せます。」(大地)

なんだか、すっきりした顔してました。
posted by F.O.S STAFF at 08:54 | 日記

2011年01月04日

2011010221250001.jpg2011010221250000.jpg昨年の「あなたが選ぶZERO1・MVP」は大谷選手でした。

その大谷選手に投票して下さった皆様のコメントに多かったのは、大谷選手のリング外活動「いじめ撲滅・元気ハツラツ」への讚美と感動の声。


スタートから、ちょうど3年目になった昨年正月、一気に全国に知れ渡せてくれたのが「アメトーーク」でした。


2日に事務所でPCをいじっていると、プロデューサーの加地倫三さんが、なんとYahoo!のトップに。


なぜ、人気爆発の「アメトーーク」に、でれたのか?大谷晋二郎と加地倫三さんとの友情秘話などは、近日、みなさまへお知らせいたします!


なんにせよ、「オッキー沖田が選ぶ、ZERO1裏MVPはテレビ朝日・加地倫三さん」に決定!


プロレスZERO1・オッキー沖田
posted by F.O.S STAFF at 08:23 | 日記

2011年01月02日

2011010211470000.jpg新年、明けましておめでとうございます!!

2010年、私たちは皆様のお陰でやってこれました。

『アメトーーク』に始まり、初夏には道場ももてました。

夏には大地も練習に本格合流し、2年の我慢をへて、横山もデビューできました。

本当にありがとうございました。


そして、今年はZERO110周年イヤーです!


昨日、後楽園にご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。

敗れはしたものの、関本選手のベルトに善戦した日高選手をみて、一緒に仕事をしている事に、喜びをかんじました。

メインの華斬&帝王のトリオも豪華お年玉でした。
大地も社長が「デビューさせる!」と、言い切りました!今日からの大地に新めて期待します!


ただ、両国カードを発表できなかった事だけが悔いに残りました。
楽しみにしていただいていた皆様、申し訳ありませんでした。
今年はカード、日程共に、早め早めにしていきたいと思います。


10周年、本年もどうか、ZERO1を宜しくお願い申し上げます!!


写真は毎年最初の事務仕事。年賀状分けです!
皆様、今年も沢山の年賀状、ありがとうございます!!キチンと、選手、スタッフへお渡しさせていただきます!
posted by F.O.S STAFF at 12:04 | 日記

2010年10月26日

▼10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』(後楽園ホール)午後7時開始
[メインイベント]
坂田“ハッスル”亘
vs
若鷹ジェット信介

[セミファイナル]
大谷晋二郎(ZERO1)&越中詩郎(フリー)
vs
アフロマン&スキンヘッドマン

[第3試合]
@UEXILE
vs
世界の強豪シリーズその3

[第2試合]
阿蘇山(九州プロレス)&白波佑助(九州プロレス)
vs
ニセHG&斎藤謙(ZERO1)

[第1試合]
柴田正人(STYLE-E)
vs
佐藤悠己(フリー)

<オープニング・ボーナスハッスル>
セイバー・キャット(USA) vs  ジェロニモ(メキシコ)
hustlecat.JPG
写真はセイバー・キャット

【当日券】
S席5000円 A席3000円(全席指定)
午後4時より後楽園ホール1FチケットBOXにて発売

ハッスル制作委員会

posted by F.O.S STAFF at 18:09 | 日記

2010年10月17日

2010101710470001.jpg2010101710470000.jpg本日は新木場「ミッドブレスナイト」!


その前に…日頃より大変お世話になっている『ライズホーム』さんの秋のリフォーム祭り!

試合は14時〜ですが、キッチンやトイレが激安!
また、ZERO1のスーパーくいしん坊こと植田使徒選手がつくる絶品ちゃんこや焼きそばもあります!

是非、今日はライズ→新木場のプロレス尽くしで!
posted by F.O.S STAFF at 10:55 | 日記

2010年08月27日

9・10 『ハッスルMAN’Sワールド #1』新宿FACE大会
【決定対戦カード&見どころ】

〈追加対戦カード〉
●フレッシュMAN’Sワールド:タッグマッチ
柿沼謙太(ZERO1) & 佐藤悠己(フリー)
vs
阿蘇山(九州プロレス) & 白波佑助(九州プロレス)

asozan.jpgsiranami.jpg

5・30『坂田“ハッスル”亘〜第二章〜 ハッスルMAN’Sカーニバル』後楽園大会のオープニングマッチを彩ったカッキー&サトきゅんの超党派フレッシュコンビ再結成。
対戦チームには九州プロレスから異色の2人が登場!
阿蘇山は頭から煙を出しながら登場する人気キャラだが、コミカルファイトだけではなく、標高1592mという恵まれすぎた体格から繰り出す必殺技や喧嘩度胸は強烈そのもの。非常に楽しみなハッスル上陸となる。
パートナーの白波佑助はカワイイ顔をしたサトきゅんに異常なライバル心を燃やす“じゃがいも”顔の九州男児。サトきゅんのパートナーとなるカッキーもイケ面だけに、試合でも意地と嫉妬と執念が爆発すること間違いなし。
フレッシュアイドルコンビと「山&イモ」の異次元対決は、ハッスルに新しい風景を必ず現出させるに違いない。
【阿蘇山・白波選手の詳しいプロフィールは九州プロレスHPを→】http://www.kyushu-pro-wrestling.com/stars.html


〈発表済み対戦カード〉
●本能寺のHEN!!「殺されても、勝つ!」
坂田“ハッスル”亘 vs 若鷹ジェット信介

坂田“ハッスル”亘の対戦相手に名乗りを上げたのは、公私ともに坂田についてきた若鷹ジェット信介。坂田亘が経営する「代官山わたる」で店員として働いていたこともあるジェットは、ゼロワン時代から現在に至るまで坂田と行動をともにしてきた。
「正直、僕では顔じゃないのもわかってるし、ファンの期待度も上がらないだろうし、プロレス界的にも話題にならないでしょう。でも、今回、本格旗揚げ戦となる今回だからこそ、坂田亘の相手は自分しかいないと思ってます」
こう言う若鷹ジェットの熱い思いはとどまることを知らない。
「僕は自分の生活が乱れるほどに『ハッスルMAN'Sワールド』というものに心血を注いできた自負がある。もちろん坂田亘も賭けてるんでしょう。でも、賭けてる思い……時間も労力も気持ちも僕のほうが全然上だと思ってます。僕は本来は坂田のサポートに徹する立場。でも、僕が言うのもなんですが、気持ちが見えてこない! ホントにゼロからやる気があるのか? 裸になる気があるのか? 僕は正直、泥にまみれたプロレス人生しか送ってきてません。今さら泥にまみれることが恥ずかしいとも思ってない。でも、ホントに僕はマイナスから這い上がって行こうと思ってます。坂田亘が今のままふんぞり返ってるならば、そういう人間が『ハッスルMAN'Sワールド』の舵を取ったっていいと思う。ハッキリ言いますが、坂田亘は口で言ってるほどハッスルを背負いきれてない! 坂田亘が『ハッスルMAN'Sワールド』の天下人になるんであれば、正直、覚悟が足りてない! 坂田亘がいなくても、『ハッスルMAN'Sワールド』は僕がやっていきます! 9・10、俺の思いをすべてブチ込みます。殺されても、勝ちます!」
対戦を受諾した坂田はこのジェットの言動に対して、まったくのノーリアクション。ハナから相手にしていないのかなんなのか? 沈黙がかえって不気味だ。普通に考えれば坂田の勝ちは動きようがないが、ジェットに時代を動かす策はあるのだろうか?



〈発表済み対戦カード〉
●@UEXILE世界の強豪シリーズA
@UEXILE vs X

7・10西調布格闘技アリーナで行われた、ハッスル初のスピンオフイベント『ジェッツ1』で突如デビューした@UEXILE(ウエザイル)。EXILE(をあくまでも真似た)風の容姿に、何を考えてるかわからない不遜な態度を貫くこの男の正体は、本名・上田祐介。若鷹ジェット信介の後輩だ。ふだんは坂田“ハッスル”亘か経営する「代官山わたる」の店員。
学生プロレス出身のためか『ジェッツ1』では、ふだんから「プロレスをナメるな!」が口癖のZERO1若手・横山佳和が“黒の中村カントク”(中村祥之氏の裏Ver)の刺客として送り込まれるはずだった。しかし、『ジェッツ1』当日、@UEXILEの前に表れたのは、横山ではなく、なんと現世界ヘビー級チャンピオンのバンビ・キラー!
当然の如く、記憶が飛ぶほどペシャンコにされた(しかも瞬殺)@UEXILEだが、「関係ねぇっす」と不遜な態度は変わらず。
それを見た“黒の中村カントク”は、「これでおまえがやめるなら、明日から優しく接してやる。でも、おまえが本当にプロレスを今後やっていくなら、俺はおまえを今後もイジめ倒す」と宣言。
最近は“黒の中村カントク”を封印し、中村祥之として@UEXILEへの“かわいがり”が続けられるが、今回も「世界の強豪シリーズ」と題して、@UEXILE(ウエザイル)に向け、新たに、強烈な刺客が放たれる。
posted by F.O.S STAFF at 12:28 | 日記

2010年08月11日

昨夜のUST中継『日刊ジェッツ』。前半はこれまで通り、若鷹ジェット信介選手と@UEXILE選手による、悪ノリ的な『日刊ジェッツ』が展開されていた。

途中からFOS代表・中村祥之氏が乱入して、かなりきわどいトークも展開されたが、いったんジェッツポーズで締めた後、ジェットが「個人的な時間をいただきたい」と突如言いだした。
ジェットの口から洩れたのは、9・10『ハッスルMAN’Sワールド#1』に賭ける思い、坂田“ハッスル”亘戦への思い。そして、絞り出されるような本音だった。
以下、若鷹ジェット信介の決死の独白です!

おふざけはこれまでにして……というわけでですね、なぜもってまだ放送を続けてるかといいますと、実は、ここからはちょっと真面目なことを言っていこうかと思います。ここからはちょっとおもしろい展開にならないかもしれないので、このまま『週刊ジェッツ』で今日を終えたいという方はそれでいいです。これからは僕の個人的なつぶやきに時間をお借りしたいと思います。
いよいよ9月10日、『ハッスルMAN'Sワールド』の新宿FACEが大会あります。そこで僕、若鷹ジェット信介は坂田亘の対戦相手に名乗りを上げました。そもそも僕がなぜそこに名乗りを上げたかというと、僕は個人的に坂田の下で、それこそゼロワン時代から、ゼロワンを辞めてからもずっと坂田と行動を共にしてきました。そんな中で昨年の旧ハッスルの衰退から今に至るまで、それこそ自分の生活が乱れるほどに『ハッスルMAN'Sワールド』というものに心血を注いできた自負があります。もちろん坂田亘も同様に、もしかしたらそれ以上かもしれません、『ハッスルMAN'Sワールド』に懸けてる気持ちは一緒です。
その坂田亘が男として立つなら、その坂田亘の対戦相手がいないという今、僕にとっては坂田さんの対戦相手に名乗りを上げるというのはレスラー的にも人間的にも大チャンスだと思って名乗りを上げました。正直、「顔じゃない」って言われるのも覚悟してましたし、『ハッスルMAN'Sワールド』、今のところプロレス界的にもたいした話題になってないのが現状です。それは対戦相手に名乗りを上げた僕にも責任の一端はあるのではないかと思っております。
でも、僕は『ハッスルMAN'Sワールド』という新しいコンテンツが話題に上がらないとか、そういうことではなく、僕はとにかくこういう時期、こういうときの坂田亘の正面に立つのは僕じゃないかと思っております。
坂田亘のいいときも悪いときもずっと見てきた僕だからこそ、坂田の前に立って、坂田の思いを受け止められるんじゃないかと思います。もちろんプロレスラー的に、身体能力的に、実際の強さ、その他もろもろで「お前じゃない」って、坂田さんが僕のことを相手にしてないっていうのは今のところわかっております。
けど、これだけは言いたいです。坂田亘、ホントにのけぞり返ってそういうふうにしてるのは今のうちだと!僕は正直、泥にまみれたプロレス人生しか送ってきてません。今さら泥にまみれることが恥ずかしいとも思ってないです。そういう人間のほうが、坂田亘が今のままふんぞり返ってるならばですよ、俺は今でもチャンスがあるんじゃないかと思ってます。
今から1ヶ月あるんで、体を作り直し、そして坂田亘の前に立ちたいと思います。どうですか、カメラの向こうの皆さんに聞きたいです。坂田亘の『ハッスルMAN'Sワールド』に気持ちが乗せられますか? 正直、坂田さんは口で言ってるほど、ハッスルというものを背負いきれてないような気がします。坂田亘をここまでの存在に持ち上げたのはもちろんハッスルというものですし、坂田さんの個人的な感情でハッスルというのを大事にしてるのは重々承知なんですけど、逆に聞きたいです、ツイッター上の向こうの方、12人の人に見ていただいてますので、坂田亘の『ハッスルMAN'Sワールド』に乗れるかっていうことを聞きたいです。僕はそれに対して発言したいです。
「坂田も昔はバックステージでボコボコにされてたんだ」(ツイッター上のコメント)……そうですね、あの有名なバックステージの映像ですね。ちなみにその坂田亘に僕もバックステージでボコボコにされたことがあります。それを恨みには思ってないですよ、ホントに。勘違いしてほしくないのは、僕は坂田亘に恨みがあるとかそういうことじゃないですよ。ただ僕も『ハッスルMAN'Sワールド』に心血を注いでます。坂田さんがホントに気持ちの底から『ハッスルMAN'Sワールド』をやりたいって言ってるんだったら、今のところですけど、坂田亘より僕のほうが『ハッスルMAN'Sワールド』に懸けてる時間も労力も気持ちも上だと思ってます。
坂田亘はホントにこないだのまんま、それこそサーフィンでもしながら当日を迎えるんだったら、僕もチャンスはあると思います。僕はゼロワン辞めてこれまでのあいだ、ボケッとセミリタイアみたいな生活をやってきたわけじゃないですから。それこそいろんな、いわゆるプロレスラーとしてのナイフを研ぐことを忘れずにこれまでやってきたという自負はあります。おっ、来た。
「現時点では難しいと思います。世間のアンテナにひっかかるフックを何か用意しないと誰も振り向いてくれない。残念ながらそれが現状でしょう」(ツイッター上のコメント)……どうですか? おっ、来た。
「ハッスルの遺産はもうないですよ。ぼくといっしょにみてたファンはぼく以外全員スマッシュに流れていきました。ゼロからつくってくしかないんですよ!」(ツイッター上のコメント)……ホント、ズバリそうだと思います。そのゼロから作っていく過程が、坂田の対戦相手が僕であるっていうことができる土壌なんだと思います。
僕にとってはホントにチャンスだと思うんで、さっきも言いましたけど、坂田が昔から「天下を獲る」と言ってました。坂田が仮に天下を獲っていたとしましょう。坂田亘が織田信長であるなら、僕は明智光秀になります。敵は本能寺にあり! 
どうでしょう? 僕はですね、このまま……まあ、坂田のことをボロクソに言えっていう意見もあるとは思うんですけど、正直なことを言いますよ、僕は坂田亘に対して恨みがあるとかそんなんじゃないんですよ。ただ坂田が今この現状で『ハッスルMAN'Sワールド』に対して気持ちがホントに入りきっているのであれば、僕はそれをサポートする役割でもいいと。ただ坂田が『ハッスルMAN'Sワールド』という世界の天下人になるには、まだ覚悟も気負いも足りてないんだと、それは思ってます。僕の生活は、それこそ死ぬほど乱れております。生活苦です! 山口日昇ハッスル代表、彼の生活もボロボロです。
けど! 坂田亘はまだ外車乗り回してるわけですよ。僕は「代官山わたる」(坂田が経営する和食ダイニング)、そしてハッスルと坂田亘について来ましたけど、坂田亘がホントのところ、泥にまみれたところなんかは実は1回も見たことがないです! そう見せないのが坂田さんの大きさなのかもしれないですけど、そんなことじゃ観てくれてるお客さんにはなにも伝わらない。それだったら僕が坂田さんの代わりに『ハッスルMAN'Sワールド』の舵を取ったっていいと思う。
今は「顔じゃない」とか「話題に上がらない」とかボロクソ言われるような存在でも仕方ないと思います。それでも結果、坂田がやろうとしていたハッスルよりもジェットのほうがいいんじゃないか? そういうハッスルを僕は作っていきたいと思います。コメントも止まりましたんで、そろそろこの放送事故みたいな環境を締めたいと思います。『週刊ジェッツ』のほうから引き続き観ていた皆さん、失礼しました。来週、再来週と『週刊ジェッツ』のほうはまたおもしろおかしく、不真面目を真面目にやっていきたいと思います。
俺は当日、殺されても坂田亘に勝ちます! それでは、『ハッスルMAN'Sワールド』、よろしくお願いします! 
posted by F.O.S STAFF at 18:54 | 日記
spacer.gif